Google
 

2007年10月03日

見直されているトウガンのダイエット効果

 淡泊な味わいで、暑い季節の食卓にピッタリの食材のトウガン。楕円形でラグビーボールのような形をしており、種類や産地によって多少の違いがありますが、育つと直径20〜30cm、長さ30〜50cmほどになるたいへん大きな野菜です。 トウガンは昔からダイエットや、糖尿病、高血圧、腎臓病をはじめとするさまざまな病気の改善に役立つことで知られています。 トウガンは昔からダイエットや、糖尿病、高血圧、腎臓病をはじめとするさまざまな病気の改善に役立つことで知られています。 とくに利尿効果は野菜のなかで最もすぐれており、高い痩身効果があることが古来中国の薬学書『食療本草』に記されています。トウガンには肥満を予防するサポニンや、糖の吸収を抑制して、抗ガン作用を持つと注目されているトリテルペンなどの成分が含まれているとみられています。これらについては、現在各所で研究が進められていますが、トウガンが水太り以外の肥満やさまざまな症状に効果を発揮するというのは、これらの成分に由来する効果だと考えられます。
またトウガンは実だけでなく、皮や種にも薬効があります。 皆さんも水煮にしたトウガンを食生活に積極的にとり入れて、ダイエットに役立ててみてはいかがでしょうか。

posted by 123 at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット

2007年10月02日

クッキーダイエット

 ダイエットしても、いつも途中で挫折したり、リバウンドしてしまったり……。そんな「ダイエット失敗組」に共通しているのは、「ため込みやすい」体質になってしまっていること。ダイエットというと、まずは食事制限を考えます。摂取エネルギーを減らし、運動をして消費エネルギーをふやす。もちろんこれはダイエットの基本です。ただ食べ物を制限するだけだと、その状態に対して体はなるべくエネルギーを節約し、使わないようにします。しかも、食事を制限すると栄養素が偏ることが多く、体の調整能力も落ちてしまいます。とったエネルギーを燃やすこともうまくいかず、体内の不要なものを排出できない、これがため込み体質なのです。
ため込み体質から脱出するにはどうすればよいのでしょうか。まず、体の毒素排出機能を復活させる栄養素として、食物繊維があげられます。ご存じのように食物繊維は体内で消化吸収をされることのない成分で、同時にコレステロールなどをくるんで体外に排出するのに役立ちます。直接毒素排出に役立ってくれるのです。とくに夜仕事等をしていてどうしてもよるに食事をしてしまう方はクッキー3枚程度をおやつに食べるようにすると良いでしょう。
posted by 123 at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット

寒天ダイエット

ノンカロリーで食物繊維豊富な食材、寒天はダイエットにも効果的な食材と言えるでしょう。トマト寒天ダイエットというダイエット方法もある。寒天を食べれば何をしても痩せられるわけではなく、摂取カロリーを上回る程食事をしてしまえば意味はありません。主に摂取カロリーを抑える目的で、主食として“寒天”を食べる食事代替食方法と小腹が空いた時や食事前に寒天茶など飲んで暴食を防ぐ方法の二つがあります。意外としられていないもうひとつの役割…食物繊維は消化管内で、糖の吸収を緩やかにしたりコレステロールを吸着、脂肪を一緒に排出したりといった作用もある。寒天茶を飲む場合、食事10分前に寒天茶を飲み水分を多く摂るのが良いみたいです。摂取した寒天が水分で膨張すると、満腹中枢を刺激、ドカ食いを抑えられるようになる。ただし食物繊維は脂肪や糖質の吸収を阻害しますが、同時に他の栄養素の吸収も、阻害してしまいますので過剰摂取はよくありません。食物繊維の過剰摂取で貧血を起こす人もおられるようなので要注意です。 ドカ食い防止のために寒天を摂取するのであれば、残念ながらリバウンドの可能性は否定できません。寒天がリバウンドさせるという意味ではなく、今までの食生活で大きくなった胃袋に、満腹感を感じさせ続けるだけのために、寒天を利用するのでは、ダイエット終了後に寒天やこんにゃくを使わなくなってしまえば、残念ながらリバウンドの可能性は否定できないということです。また、寒天はとり過ぎると必要な糖分などまで摂取できなくなってしまいますので注意しましょう。
posted by 123 at 07:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット

2007年10月01日

太もものダイエット

普通のダイエットに成功しても太ももや下半身部分をきれいにダイエットするのはなかなか難しいでしょう。体重を押さえられたら次は太もものラインを美しくダイエットさせましょう。血行や水分代謝も改善するダイエット法ですので、足の疲労回復やむくみにも効果があります。特に、両方の手のひらの下部をぴったりとあてて、力を入れて上から下にこすります。終わったら今度は下から上へと力を入れ、つかむようにマッサージします。何度か繰り返し、筋肉が張ってくる感じがしたら終わりにします。椅子に腰掛けます。足はそろえてリラックスさせてください。親指と人差し指で、膝のお皿を両側からつかむようにしてマッサージします。お皿を持ち上げるようにしたら、お皿の両側を30回ほど押すようにマッサージします。椅子に腰掛けて、足はリラックスさせます。両方の手のひらの付け根で、力を入れて弾ませるように上から下へ30回くらい足をたたきます。もちろん、1回だけしたところで、疲労回復やむくみにはききますが、ダイエット効果は得られないでしょう。コレを毎日続けてみましょう。少しずつですが効果が感じられるように根気よく、続けてみましょう。
posted by 123 at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット

2007年09月30日

チョコレートダイエット

チョコレートダイエットとは、カカオ含有量70%以上のチョコレートを50g(板チョコで半分)程度1日に数回わけて食べることにより肥満を防止してくれるダイエット方法です。チョコレートと聞くと、高脂肪と高カロリーでダイエッターには何かと攻撃されがちです。しかしチョコレートの成分はダイエットと健康に効果が
あるのです。ダイエットに使うチョコレートは1.カカオ含有量70%以上のチョコレートを選びましょう。また1日の摂取量は50gに抑えるようにし、食事の前など空腹時に摂取するようにしましょう。チョコレートの主成分でもあるカカオには、タンパク質やアミノ酸、脂質、糖質、食物繊維、ミネラル、ビタミンEなどたくさんの栄養素が含まれています。また、カカオに含まれるポリフェノールが血液をさらさらにして代謝をアップしてくれます。つまり、脂肪分解酵素リバーゼの働きを抑え脂肪が血液中に残るのを防ぎ体脂肪率を上げにくくする働きがカカオにはあるのです。そのカカオがダイエットに効果があるのです。食欲の旺盛な方は食事をする20分ぐらい前に適量のチョコレートを、味わう程度食べます。食前にチョコレートを食べることにより、満腹中枢が刺激されいつもより食事の量が少なくなります。また チョコレートの甘い香りには、集中力と記憶力を高めてくれる効果があります。さらにカカオはストレスによって増加するホルモンの分泌を抑え、精神的なストレスに対する抵抗力を強めてくれます。
posted by 123 at 15:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット
楽天ショップにご来店ください

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。